陽朔・中国 2004

 水墨画の世界 - 広西チワン族自治区・陽朔  朝、目が覚めると水墨画の世界に居た - 福建省の厦門(アモイ)から陽朔(ヤンシュオ)までは長距離の深夜バスを利用した。中国の深夜バスは驚いた事に車内にベッドが設置されており… Read More

MOA美術館にて、北斎 冨嶽三十六景

 再びの熱海である。6月に訪れて以来、熱海は交通の便がよいので日帰りでも行けるなぁとおぼろげながら日々思っていたり、温泉にもゆっくり浸かりたいなぁとの思いもあり10月の末に日帰りで行って来た。天気も秋晴れ、ちょっと旅する… Read More

銀座あたりをぶらぶらと

 銀座、に出る前に神楽坂へ。  神楽坂へは友達の写真展を見に行ったのだが、ギャラリーが出版社トーハンの目の前で、この建物が何だか凄すぎて圧倒されてしまった。かなり昭和的な建物で、前面に細かく窓、窓、窓。この建物、使い勝手… Read More

鼓浪嶼・中国 2004

 鄭成功の思い出 - 福建省・鼓浪嶼  竜岩からは広州を抜け桂林(実際には桂林から1時間ほど離れた陽朔(ヤンシュオ))まで行こうと計画していたが、2003年当時、SARSウィルスなるものがちょっと前に流行っており、それを… Read More

客家円楼・中国 2003

 客家円楼の世界 - 福建省・永定区、客家円楼  竜岩と言う殆どの人が聞いた事もないであろう小さな町に来たのは、そう、客家円楼を見る為であった。客家(はっか)とは中国における嘗ての流浪の民 - ユダヤの民やジプシーの人々… Read More

竜岩・中国 2003

 「あなたは中文が分かりますよね?」 - 福建省・竜岩  結局、杭州と上海合わせて15日も滞在する事になってしまい、そろそろ先に進まねば、と言う事で次は上海から福州へ向かった。12月26日の金曜日、16時31分に出発した… Read More

バンクシー展 天才か反逆者か

 横浜・アソビルで開催中の「バンクシー展 天才か反逆者か」へ  久し振りに横浜に行ったら、まず駅の工事がほぼ終了していて驚いた。一体いつから工事していたのだろう・・って位ずっとやっていた工事も終わり、東横線を降り西口から… Read More

長崎精霊流し 2020

 コロナ禍の昨今、中止か否かと言う話もあったけど、今年も長崎市・お盆の伝統行事、精霊流しが、しめやかに執り行われた。  - 長崎では初盆にあたる家は精霊船と呼ばれる船を作り、8月15日の日、昼頃から多くの家族や親戚、知人… Read More

長崎のおいしかもんと小浜温泉

 家族でお墓参りを終え諫早市へ - うちの母方のお墓は長崎市内の外れ、どちらかと言うと隣の諫早市に位置しており、諫早で有名なうなぎを食べに行こう、と言う事になった。  諫早には私は3歳まで住んでいたらしいのだが、残念なが… Read More

長崎の南、軍艦島を望む海水浴場

 長崎滞在中、時間が出来たので南の方 - 野母崎に行って来た。 市内を南に走り、国道499号線を更に南に走ると野母崎に出る。  とても暑いこの日、目指すは高浜海水浴場 - ここは小さい頃、家族でよく訪れた海水浴場で、遠く… Read More

長崎の町を歩いてさらく

 ”さるく”とは長崎弁で(”歩いて”なんかが頭に付くと”さらく”になったりするような。)、”町をぶらぶら歩く”とか”うろうろする”と言う意味であるけど我々世代ではあまり使わないような言葉。で、どちらかと言うともう少し上の… Read More

上海・中国 2003

 やって来る人、去り行く人 - 上海  博多港から釜山に渡り、韓国を縦断し仁川港から更に船に乗り中国へ、それから西へ南へと旅を続けて中国の内陸部-武漢までやって来ていた。中国の次は東南アジアのベトナム辺りに行こうと思って… Read More

再訪、21世紀美術館

 鈴木大拙館を後にして、お次は21世紀美術館へ。こちら、昨年9月にも訪れたばかりだったので、敢えてまた行く事もなかったのだが、この時期、「内藤礼 うつしあう創造」展を開催中でこれは是非とも見てみたい展示でもあり今回の再訪… Read More

富山市ガラス美術館

 「ガラスの街とやま」らしい建物、その名も「富山市ガラス美術館」へ。しかしここはただの美術館ではない - 何と市立図書館も併設されていると言う何とも贅沢な空間で、これはアート好きそして本が好きな方にはたまらない空間である… Read More