雨上がりの空、多摩川夕景

 さて、昨今のコロナウィルス騒ぎで、家に居る状態が長く続いていますが、みなさんは如何お過ごしでしょうか。

 私はコロナ騒ぎの前の生活と言えば、西で芸術祭があれば西に行き、北で面白そうな展示があれば北へ行き、というような生活を送っていましたが、実は割と家で過ごす時間も好きで、最近は部屋でのんびり本を読んだりDVDを観たり、音楽を聴いて過ごしております。

 そろそろ手持ちのDVDのネタが切れてきたので、Uplinkさんの3ヶ月2,980円で60本見放題に加入しようかなと思案したり・・・

 しかし、あまり家にばかり居る訳にもいかないので、気晴らしはやはり必要で最近は自転車で毎日1時間ばかり走っております。

 昨日の関東地方はびっくりするような大雨でしたが、夕方から雨は上がり、これまたびっくりするような青空。
 折角なので多摩川近辺に走りに行ってみるとまるで春に蠢き始める生き物のように沢山の方がランニングに!みんな考える事は同じなのですね。

 気に入った道があればそこを何度も走ったりもするのだが、基本「帰りは行きと違う道で、」がモットーの私は常に新しいルートも日々模索中・・・。
 最近は多摩川までアクセスするのに粗方のルートは通ってしまったので、昨日は新しいルートへ-多摩川沿いの道をちょっと逸れて等々力アリーナ方面へ。ここには川崎市民ミュージアムもあるのだが、こちらはコロナの影響でなく昨年の台風19号で甚大な被害を受けてしまって、現在も休館中である。

 その復元中の市民ミュージアムの横を通ったら、工事中の壁面にグラフィティーアートの作品を発見!
 思いがけず作品を観たってのもあるけれど、久し振りに作者紹介や作品紹介と共に作品を観るとなんだが心の中にぐっと来るものがあり、「美術館に久し振りに行きたいな~。」と思ってしまった。

 3作品だけでしたが思わず見入ってしまいました。

 そして振り返ると背後には美しい陸上トラックに青空を反射しているような素晴らしい青い光景が広がっていました。

Leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA