Archive for 2月, 2015

在家佛教2015年3月号発売されました

Posted by:shin on 2月 - 8 - 2015 - Filed under: お知らせ -

「在家佛教」の3月号発売されました。今号も表紙の写真とちょっとしたお話を担当させて頂きました。

今回はベトナムです。
ベトナムは中国南部から陸路で入って、ぐるっと、ではなくだだっと縦にハノイからサイゴンまで縦断しました。

地形的に縦長の国なので必然的に?沢山の旅行者と出会い別れ、そしてまた再会してって感じで旅したところ。ビアホイという5杯ぐらいのんで1ドルという安くて薄い生ビールやベトナムコーヒー、沢山のうまい食事、時折出会うぼったぐり、ベトナムはそんな感じのところでした。
個人的には北のハノイよりも南のサイゴンの方がなんだか東南アジアっぽくて好きだったなぁ。あと、サイゴンに行ったら是非、戦争証跡博物館にも足を運んでください!

んな訳で、写真はベトナム中部の街、ホイアン
ここはアオザイとか提灯で有名な町で、川沿いの街並みに夜はいつも提灯が沢山灯されていて、さながら千と千尋のような世界でした。
丁度その辺り一帯に入っていくのに来遠橋(通称日本橋)という日本人が建設した橋があって、そこを超えるとまさに油屋に入っていくようだ、なんてバカな事を他の旅行者と話してたっけ

では、
最後に本の宣伝を(私の手元にも幾つかありますんで興味ある方はご連絡を)
▼全国書店で購入できます。流通する冊数が少ないため、在庫の状況は各店舗にご確認ください。書店窓口でお取り寄せできます。
・アマゾン http://www.amazon.co.jp/dp/B00S5TLJNK
・楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/rb/13091325
・在家佛教のサイト http://www.zaikebukkyo.com/publication/

在家佛教2015年2月号発売されました

Posted by:shin on 2月 - 8 - 2015 - Filed under: お知らせ -

在家佛教2月号発売されました。
今回も表紙の写真とお話を担当させて頂きました

今回の写真は神の地・ラサ
語呂がいいんでそう言っている訳ではなく、実際にチベット語でラサとは”神の地”という意味。素敵ですね。

漢化がどんどん進むラサですが、チベット人達が多く住んでいる地域のちょっと薄暗い路地裏や古い石畳の道、そしてチベタンが多く集うチャイ屋さんなどはとても雰囲気があり、やっぱり何だかんだでラサは面白い!と感じさせてくれたところでした。

訪れたのは2005年で(今年で丁度10年前になるのかぁ)、私の中のイメージはまだまだ少しでもチベットらしさを残していると思っていたのですが、先日BSでやっていたラサの映像を観てちょっとびっくり。
この写真にあるポタラ宮の前では五体投地して祈るチベタンの姿が以前は多く見られたのだが、今では歩道と車道の間に柵が作られ、五体投地もできなくなっていたり、中心地にあるジョカンというお寺には近くに行くだけでセキュリティゲートを通らなくてはいけなくなっていたり、周りの巡礼路の道はすっかり舗装されてごちゃごちゃっとあった露店も姿を消していました・・・
これじゃ中国のその辺と都市ともうそんなに変わりがないじゃん!と思う程の変わり様で何だか悲しくなってしまった。。

世界中どこでも訪れられる内に訪れておかないとこの先どうなるか分からないって場所が沢山ありますが、私にとってラサはその中の1つで、その昔、とってもお金が無かったんですがw、今行かないと!と思って多少無理をして行った場所ですが、あの頃のラサを旅できて良かったと思える場所です。
でも、これ以上もうチベットらしさが失われないで欲しいなぁ。

〔ご購入の方法について〕
▼全国書店で購入できます。流通する冊数が少ないため、在庫の状況は各店舗にご確認ください。書店窓口でお取り寄せできます。
▼ネット書店でも販売しています。下記は送料無料です。
・アマゾン http://www.amazon.co.jp/dp/B00QVMWPP4
・楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/rb/13054934/

Latest images

Latest Information

SNS

 

Facebook

 

Instagram